東日本大震災は予報可能だったのか?

2011年4月3日

Image of Lyn at energy lab1万人以上の死者を出し1万6千人以上が未だ行方不明となっている3月11日のマグニチュード9.0の大地震は、銀河系内の未知の領域へ進行しつつある私たちの太陽系に鑑みると、アメリカ東海岸を含む所謂「環太平洋火山帯」等の地域における未来の行方に不穏な影を落としています。

6人の国会議員候補から:「自滅の文化」から脱出を!

Image of Lyn at energy labうそ、偽り、虚偽!これが、地震と津波による危機に晒されている日本を報道している北大西洋地域に蔓延る情報機関の、唯一の真相だといえます。ウォール・ストリート・ジャーナルからニューヨーク・タイムズ、欧米大半の報道は、“反科学”および“世界人口削減”を意図する「大英帝国の遺産」を引き継いでいるというしかありません。これらのプロパガンダは、この度の地震により破損した福島原発が危険な放射性物質を発する可能性があるのを理由に、原子力発電がこの危機の“原因”であるかのように報道しています。これは全くの虚言以外の何者でもありません。

リンドン・ラルーシュ氏:「日本の勇気と健全な対応は称賛に値する」

Image of Lyn at energy lab「先ず言えるのは、日本の勇敢で冷静な姿勢、並びにこの不測の事態に対する優れた準備と対応は、称賛に値するということです。この規模の災害に対する予防処置を施すことはほぼ不可能であるにも拘らず、日本は冷静沈着な態度で臨み、世界各国への見本ともなるべき成果をあげています。

「ハミルトン式クレジット・システム」の差し迫った必要性について

リンドン・ラルーシュ、Jr.
2010年12月27日

Image of Lyn at energy lab「クレジット・システム」の概念はアメリカ合衆国に特有なものであり、それを大原則として保持し続ける米国憲法は、ロンドン支配下のボストンやウォール街を通して輸入された“経済”や“精神”に異常を起こす「ヨーロッパ特有の病原菌」に対する唯一の処方箋といえます。

夕闇にうごめく英国:「操り人形たち」の葬送行進曲

リンドン・ラルーシュ、Jr.
2010年11月27日

Image of Lyn at energy lab人間は必ずしも「操り人形」ではありませんが、現在のところ我々の著名な政治家や経済学者たちの多くは、常時そのように振舞っているというしかありません。現時点において、英国インター・アルファ・グループによる所謂「アイルランド危機」という現象が、それを鮮明に描写しているといえます。

終焉を迎えて:脱出までの残された時間

リンドン・ラルーシュ Jr.
2010年8月3日

Image of Lyn at energy lab1956年の夏、1957年の2月から3月にかけて起こるであろう突如の経済危機を予報して以来、私が行った経済予報が現実のものとならなかったことは一度もありません。凡庸な経済予報との一線は、噂に名高い私のライバルたちが皆、統計を基盤とした“貨幣主義”を適用しており、その手法の“本質”が全く無能である所にあるのです。

母なる地球を救うために:“グラス・スティーガル”を世界へ

リンドン・ラルーシュ、Jr.
2010年2月8日

Image of Lyn at energy lab有能な経済学者には、今日の恐慌対策のために改定されたグラス・スティーガル法が、フランクリン・ルーズベルト大統領の1944年に設立されたブレットン・ウッズ経済体制、すなわち固定相場制に、既に潜在的要素として取り込まれていたことは、“史実”として理解されています。

Pages