リンドン・ラルーシュ氏、ウラジミール・プーチン氏を称える

2011年9月24日

Image of Lyn at energy lab著名な米経済学者であり政界を先導するリンドン・ラルーシュ氏はロシアのウラジミール・プーチン首相が再び2012年度の大統領に推薦されたことを受け祝意を表しました。更に現ロシア大統領のドミトリー・メドヴェージェフ氏がロシア議会(デゥーマ)の長に立候補したことに対しても祝辞を贈っています。

「このプーチン・メドヴェージェフの動きが今世界に必要とされている戦略的ショックなのです」ラルーシュ氏は語ります。「このリーダーシップの誇示は今に至るまで世に蔓延る大英帝国の手法である“分割し支配する”ゲームに対する明快な挑戦状であり、また太平洋岸を中心とした世界経済の復興への大きな一歩を意味しているのです。」

「近年プーチン・メドヴェージェフのリーダシップは中国との新たな協定を模索するなかで、宇宙科学や原子力を含むハイテク事業に集中しており、現在全世界が恐慌から脱出するために必要不可欠なものなのです。これでもしオバマを除く米国がこのロシア・中国の協定に参加すれば、世界に広がるであろう戦争と新たな暗黒時代のシナリオに代わる太平洋協定につながるのです。」

「すでに大英帝国に追従する輩はこの決断に対し悲鳴を上げています。実は、彼ら自信がこの大西洋岸の欧米経済を脱産業化に導き、破滅に追い込んだ張本人なのです。彼らにこの決断の是非を問う資格はありません。」

「プーチン・メドヴェージェフの決断は人類に対する希望の兆しであるといえます。今、米国に求められているのは、英国の傀儡政権であるオバマを更迭し、人類を救うためにロシアと中国との協定に参加することなのです。」

「この協定はすでに実現間近なのです。つまり今がアメリカの愛国者たちの決断の時であり、オバマを更迭しこの惑星全土を救うことで、英国の財帝国が進める人口削減政策とそれによる大量死を回避せねばならないのです。」